シンプルなパスワードマネージャー

一覧

説明

spは最初的にC言語で書いたGNU Passクローンとして作りました、関数を追加したら、GNU Pass以降に進化しました。
私達は日常的にOpenBSD、FreeBSD (MidnightBSD、GhostBSD含む)、NetBSD、及びLinux (glibc及びmusl)で使っています。
時々Apple macOS、Haiku、Illumos、及びOracle Solarisでも確認しています。
それ為、きっとパスワードマネージャーとして使えます。

使い方は、「man 1 sp」をご確認下さい。

インストールする方法

未だLinuxのレポジトリ又はBSDのポーツからインストール出来ませんので、インストールするには、ソースコードをダウンロードし、コンパイルして下さい。
BSDのないOS場合、「bmake」をインストールする事が必要となります。
全てのOSで、「gpgme」及び「GnuPG」をインストールする事も必要です。
BSD: make && doas make install
その他: bmake && sudo bmake install

コンパイルしたくない方は、静的バイナリもインストール出来ますが、マニュアルが含めていません。
しかし、静的バイナリの場合は、bmakeとgpgmeをインストールする事が不要になりますが、GnuPGは未だ必要です。

ダウンロード

バイナリ
ソースコード
マニュアル

ケロXMR XMR QR

      84oGAzUkQ89SFduMqjVP8CY82yuYoBdDZYbEu5cPW1oa7yQ6YcauRMtQr8ngCHHgL92PkKC3m7A7aRb1Cmswm8r7F83WVwE
    

ページのGitGitリポジトリ